Home > 介護求人情報 > 介護施設の特徴

介護施設の特徴

 介護施設とか老人ホームと呼ばれるもの、その種類はかなりの数に上り、入居を考える人はその特徴をキチンと見分ける必要があります。基本的な考えとして、主に民間の事業者が運営することになるのが、有料老人ホームとかサービス付き高齢者向け住宅があります。
社会福祉法人や民間事業者などが運営することになるのが、地域密着型施設と呼ばれるものとか、軽費老人ホームがあります。そして医療法人とか社会福祉法人が運営する介護保険施設など、たくさんの種類に分かれていると知っておきましょう。介護付きの施設と言うことでは、介護付有料老人ホームがあります。このホームでは、要介護者を受け入れることになる「介護専用型」と介護認定なしとか要支援、要介護者を受け入れる「混合型」に分かれています。

 介護付有料老人ホームでは、ケアをするスタッフが常在するのが普通ですが、中には外部事業者からの介護サービスの提供を利用するものも、一部には存在しています。これら老人ホームの特徴は、施設によって受けれる高齢者の要介護度が違っていることやサービスにおいてのその差が相当な違いも出て来ることが考えられます。そのため、介護付有料老人ホームに入居を考える時には、その施設がどんなサービスを実施しているのか、その内容をキチンと確認する必要が出て来ます。これら介護付有料老人ホームで提供されることになるサービスは、入居者を見守ることから始まり、食事や入浴、掃除・洗濯、排泄や服薬と言った生活全般に渡っています。入居者の健康管理から医療処置までも、十分に行なってくれることになっています。

 この介護付有料老人ホームへ入居希望する時には、直接それぞれの施設に行なうことになります。申し込み書の提出から、入居希望者との面談を行ない、住民票や所得証明などの必要書類の提出になります。老人ホーム内では、様々な設備が用意されています。住居部分であるとか、浴室やトイレなどの共同設備があれば、売店も用意されている施設も出て来ています。今では、入居者の要望やその費用に応じて様々なバリエーションが用意されるまでになっています。
共同生活室では、カラオケやマージャン、図書室なども用意され、日々の暮らしを明るくすることや、機能回復の訓練室なども用意されることも多くなって来ています。中には、プールまでも用意されている施設もみられるようになり、いつまでも健康で過ごすことが出来るような工夫もされています。

次の記事へ

PAGE TOP